入間くん9話ネタバレ『入間の決意、高鳴る努力』アニメ魔入りました入間くん

先週の放送で生徒会長のアメリに、階級をあげることを提案された入間。学生の本分と言われて、その気になる入間。果たしてどうなるのか。



hulu



入間くん9話ネタバレ

早速アスモデウスにランクをあげる方法を相談する入間。なぜか入間に膝枕してもらっているクララという図。ランクを上げたいという入間に大喜びのアスモデウス。しかし、「最高ランクのヨドを目指し、バビるすを統治する」と、かなり先走るアスモデウス。

入間は、とりあえず今の最下位ランクの「1」より1ランク上の「2」に上がれればそれで良いとアスモデウスに伝える。ひざまづき、先走ったことを謝罪するアスモデウス。

関連記事→悪魔階位を解説

早速特訓がスタート。地下にある広い運動場。そこでアスモデウスが、ランクを上げる方法について解説してくれる。クラスで定期的に行われるランク昇級試験があり、次回は1週間後とのこと。

方法は「処刑玉砲」。かつて勃発した悪魔同士の領地争いで使われた手法。カイマンという一度噛み付いたら離さない悪魔によって、相手を全滅させる方法だという。しかし、その方法だと負傷者が多発したので、今は別の方法を使っている。

その方法は、要はドッヂボール。

ということで、ドッヂボールの訓練が開始された。入間の、圧倒的危機回避能力がネックとなる。見事にどんな球でも避けることができるのだが、キャッチして相手に当てないと倒すことができない。入間はキャッチする前に、勝手に体が避けてしまうのだ。

いつの間にか、クラスメイトが暇つぶしにやってきて、みんなでドッヂボール。魔術を使うことによって、激しいドッヂボール。これでは特訓したところでどうにかなるものでは無いような…。

ということで、相談した相手が、入間くんのおじいちゃんであるサリバン。庭に大きな岩を出現させ、ボールを与え投げる練習。そして、投げるときの掛け声「ディベーッラ」。これによって、めちゃくちゃ強い龍が現れ、超早い球を投げることができた。

しかし、入間は魔術を使い方法を断る。この魔術はサリバンの魔術になるので、入間の実力では無い、と。今回は自分の力でなんとかしたいという入間。


魔術を使わないのであればオペラが適任ということでコーチとして登場。次々に猛スピードの球を入間目掛けて投げてくる。なかなかキャッチできない入間。特訓は続く。


禁書「初恋メモリー」がお預けになったアメリも、入間の特訓を心の中で応援する。

筋トレやランニングといった基礎トレーニングから、毎日のドッヂボールの特訓。手が傷だらけになっても2回に1回は手に当たるようになったと喜ぶ入間。

特訓の様子が気になるサリバンに、オペラは「まだ1回もボールをキャッチしたことがないです。でも、とても楽しそうです」と報告。その報告に初めは心配したサリバンも喜ぶ。

いよいよ明日が昇級試験。オペラの特訓は続く。そして、ついに、ついにキャッチできたー!(ふと思うけど、投げる方は大丈夫なの…?)


入間くん次回予告『激闘、処刑玉砲!!』

スクリーンショット 2019-12-02 01.03.06.png
(引用:NHK
次回はいよいよ昇級試験ですね。

位階(ランク)昇級試験、「処刑玉砲」当日。気合い十分で試合に臨む入間だが、チーム分けでアスモデウスと敵対するチームになってしまう。入間を勝たせるべく、策を練るアスモデウス。その間にも、クラスメートたちはおのおの得意とする魔術を使って容赦なくゲームを進めていく。果たして入間は、特訓の成果を見せることはできるのか!?そして入間とアスモデウスの、勝負のゆくえは…!?


hulu